お電話でのお問い合わせ
0545-30-6363

チーム f-Biz メンバースペシャルゲストメンバー

富士産業支援センター f-Biz で提供しているのは、「人」による創造性の高いビジネス支援です。ここにご紹介するメンバーたちが、皆さんと同じ目線に立って一緒にチャンレンジさせて頂きます。
小出 宗昭センター長 / 中小企業支援家
小出 宗昭
小出 宗昭センター長 / 中小企業支援家

1959年生まれ。法政大学経営学部卒業後(株)静岡銀行に入行。M&A担当などを経て、01年 創業支援施設SOHOしずおかへ出向、インキュベーションマネージャーに就任。起業家の創出と地域産業活性化に向けた支援活動が高く評価され、Japan Venture Award 2005(主催:中小企業庁)経済産業大臣表彰を受賞した。08年 静岡銀行を退職し(株)イドムを創業。富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)の運営を受託、センター長に就任し現在に至る。静岡県内でも産業構造の違う3都市で計4か所の産業支援施設の開設と運営に携わり、これまでに1,500件以上の新規ビジネス立ち上げを支援した。そうした実績と支援ノウハウをベースに運営しているエフビズをモデルに、愛知県岡崎市OKa-Biz、広島県福山市Fuku-Biz、熊本県天草市Ama-biZなど各地の地方自治体が展開する○○-Bizや、国の産業支援拠点「よろず支援拠点」が開設されている。これまでNHK「BS1スペシャル」や「クローズアップ現代」などでその活動が特集された。17年4月から19年6月までFNN系テレビ静岡の報道番組にコメンテーターとしてレギュラー出演。

杉本 剛敏副センター長 / 中小企業診断士
杉本 剛敏
杉本 剛敏副センター長 / 中小企業診断士

1958年生まれ。神奈川大学経済学部経済学科卒業、広告代理店東京ジャムを経てフリーのコピーライトとして独立。平成4年4月有限会社イデアを設立し、広告、セールスプロモーション、ネーミング、ブランド開発を中心に、企業、行政、組合のマーケティングやデザイン戦略を幅広くサポートする。平成20年8月のf-Biz開設と同時に副センター長に就任し、年間100件を超える新商品・新サービス輩出を支援している。現在、静岡県産業振興財団、商工会連合会などの経営支援機関のアドバイザーや農林水産省の6次産業化プランナー、静岡県アグリビジネススクールのプロデューサーなども兼務。数々の広報活動のPR誌の制作も手がける。経済産業大臣登録中小企業診断士

安川 典克経営コーディネーター 6次産業化プロデューサー 中小企業診断士
安川 典克
安川 典克経営コーディネーター 6次産業化プロデューサー 中小企業診断士

1960年生まれ。東京農工大学農学部卒業後、大手建材メーカーに入社。製品開発、品質管理、生産管理等を経て経営コンサルタントとして独立。ものづくり企業の支援を中心に、農林水産省の6次産業化法に基づく総合化事業計画や静岡県の経営革新計画の計画策定でも豊富な実績を持つ。独立・創業希望者の相談に対しても丁寧に対応し、計画的実現をサポートしている。経済産業大臣認定中小企業診断士。

金子 慶太クリエイティブディレクター
金子 慶太
金子 慶太クリエイティブディレクター

1971年生まれ。北海道東海大学芸術工学部デザイン学科で北欧デザインを中心とした空間デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザインを学ぶ。卒業後、インテリアメーカーの営業部千葉エリア担当。同社退職後、広告会社に転職。クリエイティブ室デザイナー・アートディレクター・チーム長を経験。主にプレゼン案件に携わったのち04年に独立。金子慶太広告事務所ミックスプレート代表

浅井 伸也プロジェクトマネージャー
浅井 伸也
浅井 伸也プロジェクトマネージャー

1960年生まれ。学習院大学経済学部卒業。松坂屋(現大丸松坂屋百貨店)に22年勤務後、税理士業に転身。現在藤枝市にて税理士浅井伸也事務所を経営。婦人服バイヤーとしてマーケティングとマーチャンダイジング(MD・商品政策)について豊富な実務経験を持つ。また外商(富士地区担当)、マネージメントの経験もあり、接客、顧客管理等、販売に関して多くのサポートを行っている。税理士・宅地建物取引主任者。

新村 汐里ウェブマーケティングアドバイザー
新村 汐里
新村 汐里ウェブマーケティングアドバイザー

1983年静岡県生まれ。2004年に静岡県内のIT系企業に入社し、ネットショップ、ポータルサイトなどインターネットサービスの運営やウェブマーケティングに10年以上携わる。利用者数2万人・月間2,000万PV(当時)のブログサービスを担当した際には、利用者である地域の事業者と積極的にコミュニケーションを取り、ブログを中心としたSNSの活用を地域の事業者にアドバイスし売上増に貢献。
その経歴を買われ、2017年より富士市産業支援センター f-Biz にてウェブマーケティングアドバイザーとして月80件以上の相談業務にあたる。地元中小企業や個人事業主、起業家と一緒に「お金をかけない」ブログやSNSなどITを活用した情報発信に取り組む。
小学校低学年からパソコン・インターネットに親しみ、中学生時代には独学で自身のウェブサイトも制作するなど、根っからのウェブ担当者。

スペシャルゲストメンバー

地域で他に類を見ない特徴的な事業をおこして成功し、全国的に注目される経営者たちの実績に裏打ちされた斬新な視点を交えながら、当センターでサポートしている相談者の皆さまが抱える課題の解決、新商品・新サービス開発、販路開拓、創業の実現を目指します。
松木 一浩ビジネスアドバイザー
松木 一浩
松木 一浩ビジネスアドバイザー

1962年長崎生まれ。ホテル学校卒業後、ホテル、レストランサービスの世界へ。主にフランス料理サービスを担当、90年渡仏しパリのニッコー・ド・パリに勤務。
帰国後、銀座のフランス料理店支配人を経て、恵比寿の「タイユヴァン・ロブション」の第一給仕長を務める。 99年、有機農業の道に進むことを決意し栃木県での農業研修後、静岡県芝川町(現在富士宮市)に移住。 現在4ヘクタールの野菜畑を有機栽培している。 07年、富士宮市に野菜惣菜店「ビオデリ」をオープン、09年には、「ビオフィ-ルド1,000プロジェクト」として畑の中のレストラン「ビオス」をオープン。11年には、静岡市葵区に有機野菜を使ったカジュアルフレンチレストラン「ル・コントワールド・ビオス」をオープン。中山間地における新たな有機農業のビジネスモデルを作る。ビオファームまつき

園田 正世ビジネスアドバイザー
園田 正世
園田 正世ビジネスアドバイザー

産を機に専業主婦に。育児中に立ち上げた育児サークルの活動中に、アメリカ製の赤ちゃん用だっこ紐スリングに出会う。スリングの良さを他のお母さんたちにも届けたいと、2000年だっことおんぶの専門店「北極しろくま堂」を設立しネット販売も手掛ける。03年オリジナルスリング「キュットミー!」などの製造販売を開始すると、全国のデパートで取り扱われる一大ブランドに成長した。05年日本商工会議所「女性起業家大賞」、日経ウーマン「ウーマンオブザイヤー2006」受賞。08年内閣府「平成20年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰 特命担当大臣表彰奨励賞」受賞。著書に「小さく始めて1億売った ママ起業私の方法」(祥伝社)、監訳書に「世界のだっことおんぶの絵本」(メディカ出版)がある。東京大学大学院博士課程在学中。NPO法人だっことおんぶの研究所 理事長、抱っこひも安全協議会常任幹事、中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業「よろず支援拠点」全国本部アドバイザリーボードコアメンバー。
北極しろくま堂有限会社 代表取締役

佐藤 真琴ビジネスアドバイザー
佐藤 真琴
佐藤 真琴ビジネスアドバイザー

看護実習を通じてがんと闘う患者と出会い、低価格かつらの必要性を実感。在学中の夏休みを利用して中国の工場に単身乗り込み人毛100%の高品質なかつらを生産する契約を結ぶ。03年、在学中に低価格のかつらの販売事業を立ち上げる。05年浜松市内に専門の美容室を開業、09年「ヘア サプライピア」を株式会社化。当初、県内の美容院と始まったかつら取扱いの連携は、病院も加わり、全国に拡がっているほか、14年4月からは十全記念病院内売店の運営も担う。08年静岡県「男女共同参画社会づくり活動に関する知事褒賞」。09年日経ウーマン「ウーマンオブザイヤー2009」受賞。09年経済産業省ソーシャルビジネス先進事例55選。09年日本商工会議所「女性起業家大賞スタートアップ部門特別賞」受賞。13年内閣府男女共同参画局「平成25年度女性のチャレンジ賞」受賞。14年静岡県ニュービジネス協議会「静岡県ニュービジネス大賞特別賞」受賞。
株式会社PEER 代表取締役