お電話でのお問い合わせ
0545-30-6363

トークショー 日本一怖いトイレットペーパー『ドロップ』ヒットの軌跡と差別化戦略

2010年6月6日(日)13:00~15:00
第11回 f-Biz チャレンジセミナー シリーズ 小出視点で斬る!


昨年6月に開発され「日本一怖いトイレットペーパー」のキャッチフレーズの下、世界中のメディアを賑わせた林製紙(株)のトイレットペーパー型小説「ドロップ」。ホラー小説と日用品がコラボレートしたオリジナリティ溢れる商品に注目が集まり、発売と同時に全国の書店などから注文が殺到しました。製紙業界の新たな可能性を切り開いたこの商品が、いかにして生まれヒットに繋がったのか。今回は、「リング」「らせん」などで世界的に有名なベストセラー作家であり、「ドロップ」小説を執筆された鈴木光司氏をゲストにお招きし、小出センター長のナビゲートで創作秘話や商品開発の経緯、今後の地場産業活性化の展開などに迫ります。

講師

作家 鈴木光司(すずきこうじ)氏

57年静岡県浜松市生まれ。慶応義塾大学文学部仏文科卒。90年「楽園」が日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞して作家デビュー。「リング」「らせん」「ループ」「バースデイ」のシリーズが計800万部のベストセラーとなり、ハリウッドで映画化される。著作は世界20カ国語に翻訳され、欧米を中心に積極的に講演活動を行う。高校教師であった妻に代わり、2人の娘を育てあげた経験から、政府の諮問機関「少子化への対応を促進する国民会議」委員をつとめる。最新作は「エッジ」角川書店。

ナビゲーター

富士市産業支援センターf-Biz センター長 
小出宗昭

法政大学卒業後(株)静岡銀行入行。01年創業支援施設SOHOしずおかへ出向。地域産業活性化に向けた支援活動が高い評価を受け、05年2月「Japan Venture Award 2005」経済産業大臣表彰を受賞。08年7月同行を退職し独立起業、翌月富士市に開設した富士市産業支援センターf-Bizの運営を自社で受託しセンター長兼プロジェクトマネージャーに。起業支援家として活動を始めて以来650件以上の新規ビジネス立ち上げを支援中。

開催概要

日時

2010年6月6日(日)13:00~15:00

場所

富士市文化会館ロゼシアター4階 第2会議室(富士市蓼原町1750番地)

対象・定員

中小企業・商店経営者、会社員、学生など先着40名

参加料

無料

お申込み方法

1.名前、2.会社名または団体名、3.電話番号、4.メールアドレス、5.お住まいの地域(市区町村)以上を明記のうえ、メールまたはFAXで富士市産業支援センターf-Bizまでお申し込みください。

お問合せ

富士市産業支援センター f-Biz(エフビズ)
TEL.0545-30-6363 FAX.0545-30-6364 E-mail:info@f-biz.jp